コンテンツへスキップ

症状の改善に向かうべきである。

ホルモン分泌がおかしくなります。

検査とはいえ
医療費ばかりがかさんで顧客満足度の低いこのような現状は、早急に改善されなければなりません造設を考えていたほどの嚥下機能が画期的に改善、死の淵から生還した末期アルツハイマー型認知症のTさん90歳の男性さんは、アルツハイマー型認知症の末期でした。嚥下機能が低下し、そろそろ胃瘻を造設しなければならないというときに私と出会った人ですNewフェルガードを胃瘻から、注入した結果、トンカツを食べられるようになった患者さんを経験していた私は、Newフェルガードの力を信じていました。
Tさんのケースで発見できたことは、誤嚥がはじまってすぐにNewフェルガードを始めれば、胃瘻が不要になるということでした。次の写真をご覧ください。1枚目は初診時で視点が定まっていませんNEWフェルガードを処方して3週間後に撮った2枚目では、こちらをちゃんと見るようになっています。
症状の改善に矯正はなぜ必要なの?

細胞に抗体をつくるように指令を出
嚥下機能が改善し、胃瘻が見送られたのもこの頃でした。3枚目の写真は処方開始から半年がたち、口からの食事が続いている状態です。引き締まった表情で、診察に対する反応もすこぶる良好でした。
通常この3枚の写真を並べると、時間の経過が逆だと思うのが常識的な考え方といえるかもしれません。何しろ患者さんは90歳なのです。家族であっても「口から食べられないのだから、そろそろ諦めよう」と考えるか、「胃瘻にしてもう少し延命させよう」と考えるか、二者択一を迫られるところです。ところがさんはNewフェルガードを飲み続けることで、この後2年間胃瘻と縁がありませんでした。
フェルガード類については、認知機能の改善以外にも嚥下がよくなる、歩行がよくなる、難聴がよくなると驚きの連続です。あまりに治療結果がよいため、発表資料をまとめるのが大変でうれしい悲鳴を上げています。信じがたいことですが、末期の認知症の患者さんでもNewフェルガード1~4包/日で嚥ドできるようになり、噛めば意識もはっきりしますから、死の淵からの生還もあり得るのです。高齢者の看取りを行っている老人病院や介護施設の関係者であれば、お年寄りの最期は食べなくなるか、食べたものが気道に入る誤嚥性肺炎になるかで、どちらにしても嚥下障害が死に至る原因であることが知られています。

薬を求めた。

ところが、Newフェルガードは寿命を延ばすのです。胃瘻造設後でも、Newフェルガードを水に溶いて注入すれば、やがて口から食べられるようになります。いちばんよいのは、誤嚥が始まったらすぐにNewフェルガードの服用を開始し、胃瘻を造らずに済ませることです。
レビー小体型認知症がすっかり改善し、昔のお母さんに戻った
と家族に喜.れたAさん80代の女性利用者Aさんが、施設で大暴れしていると電話が入りました。幻覚、独語、せん妄、不眠、千鳥足の症状があり、拒食でまったく食べなくなって危険な状態だといいます。電話をかけてきたのは、愛知県でもピカイチの達人ケアマネ·小板美代子さん。彼女が大変だというからには、緊急対応が必要です。
検査を受けるというのがだいぶ浸透してきています。

治療しておけば

私が教えてあるので、患者さんがレビー小体型認知症であり、処方が悪いため薬剤過敏を起こしていることがわかっているからです。法律がなければ、医師でない彼女が治していたでしょう。
来院してもらうと、Aさんは首垂れを起こして体幹が左に傾いていました。家族は、1年前にはこんなに元気だったのにと涙ながらに訴えます次の写真①。処方されていたのはアリセプト5㎎と抗精神薬のリスパダールでした。これはどちらもドーパミン阻害剤なので、最悪の組み合わせといえます。
レビー小体型認知症を診断できず、認知症だからとアリセプトを漫然と処方し、大好きなリスパダール陽性症状を抑える薬。適用が広いでおとなしくさせようとした処方は、まさに精神科医がなせる業です。

細胞が受け取る仕組みになっています。

私はこのような問題症例薬害であり医原病は必ず改善するので、家族に「大丈夫、昔のようになりますから」
と伝えました。
治療は一刻を争うものでした。早く治さないと、Aさんは死んでしまったでしょう。その場でフェルガード100M3本を飲んでもらい、ドーパミン阻害剤アリセプトとリスパダールを全廃して、抑肝散2包、ベンザリン睡眠薬、フェルガード100M×3という処方を行いました。
6週間後の2回目の外来では、劇的な改善が見られました。すっかり穏やかになって食欲もりもり、歩行もスムーズで、診察室に入ると冗談を言えるAさんの姿があったのです。それは昔のお母さんに戻ったと家族に言われるほど素晴らしい改善ぶりでした。
健康によいと考えられている。

ホルモン補充療法

施設のスタッフに聞くと、「むしろハイテンションすぎるくらい」と笑うので、フェルガード100Mは2本に減らしました。
レビー小体型認知症は、姿勢のひどい患者さん、中毒感のひどい患者さんほどよく治ります。それは、間違った投薬のせいでそうなっているからです。認知症だけで、ひどい首垂れや体幹の傾斜が起こることはありません。残念ながら、医師よりもレビーの教育を受けた介護スタッフのほうが診断能力が高いようです。
うつ状態が改善したために食欲が戻って元気になり、歩行までが可能になったレビー小体型認知症のRさんRさんは、強いうつ状態でまったく食事ができなくなったレビー小体型認知症の患者さんです。コウノメソッドでは「認知症の陰性症状では抗うつ薬を第一選択にしない」という大切な約束があります。しかしシンメトレル(パーキンソン病治療薬として使われる抗ウイルス薬)、サアミオン脳血流改善薬、アリセプト、の興奮系御三家でも元気が出ないときはどうすればよいのか、答えはなかなか見つかりませんでした。
Rさんがそれまでに処方されていたのは、アリセプト2.5㎎とサアミオン10㎎です。私はまず、アリセプトを中止し、元気を出してもらうためにメネシット(歩行をよくする抗パーキンソン病薬)2錠を処方しました。しかし状態が変わらなかったので、メネシットをいったん1錠に減らして、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)の一種であるジェイゾロフト25㎎を1錠だけ加えました。

      症状が現われることなく
      神経伝達物質の再取り込みを阻害する
      医療の世界