契約で使用される共通の法的な英語のフレーズでもありリスクが一方の当事者から他方の当事者に移転することを意味します

契約書に記載されている当事者間の理解に影響を及ぼすために

投資監督へのすべての通知はまた、インドの指定住所の1つに送付するものとする。取締役会または委員会の会合は、投資監督を含む取締役の過半数の書面による同意(領収書を受け取り、レター・ファクシミリまたは電子メールで通知することができる)により、短期間で通知することができる。取締役会定足数:取締役会の定足数は、総投資額の3分の1とし、取締役会長および会長または常務取締役を含むものとする(開始時および取締役会期間中)。ただし、定足数がない場合は、次週の同じ日に同じ場所で同じ日に会議を休会し、そのような休会の定足数は3名の取締役でなければならない。理事会のすべての決定には、正会員会の定例会の過半数、または定足数が存在する理事会の休会を必要とする。船上に空席があり、この空室を埋めるために個人が指定された場合、最初の業務はその空室を埋めることである。および会社法19XX(該当する地域の法律として)が理事会の会合で決定する必要がある行為を除き、理事会のすべての決定は、決議、任意の決議の通知期間は、10日間とする。

契約者のために

決議の草案は、投資監督を含むすべての取締役に回付されなければならず、投資監督については、インドの指定住所の1つ、各決議は書面で行われなければならず、過半数を超え、各取締役および各取締役が署名した場合にのみ、決議の場合、理事会の大部分の同意が必要であり、その後インドの理事会の議長の同意が必要でないことが明らかになっている。委員会委員会:両当事者は、会社が非法定特別委員会を構成するとき、または特定の事項のすべてまたは任意のものを扱う委員会を構成する場合、その旨を代表者1人を指名する権利を有する委員会。投資家の権利:投資監督は、取締役会または会社の取締役会のすべての審議会および/または主要戦略会議に出席する権利を有する。一般会合:会社の株主の年次総会は、各会計年度の終了後6ヶ月以内に開催される。前項の規定に従い、両当事国は、適切であるとみなされるときはいつでも、会社の株主の臨時総会を招集することができる。総会に関する通知:少なくとも、株主名簿に記載されているすべての株主には、毎年開催される株主総会の21日前の書面による通知が、株主総会に提出されるものとする。

 

裁判所が合意または暗示する必要のある閾値条件です

投資家の場合は、通知書の写しを投資家が指定したインドの住所、株主の黙示は、投資家の書面による事前承諾を得て呼び出すことができる。通知の内容:株主への通知は、会議の開催日時を指定するものとする。株主総会を招集するすべての通知は、取引を行う事業の詳細を十分かつ詳細に記載しなければならない。また、会議を開催する旨の通知がない限り、そのような会合において取引を行うことはできない。総会の議長:理事会の議長は、すべての総会の議長となる。代理人:会社の株主は、その代理人として代理権を与えることが書面でなければならない場合には、別の者を代理人として任命することができます(企業株主の場合は、代理人の代理人)。

契約を終了させ
総会定足数:総会の定足数は、会社法の規定に基づいて構成されるものとします。但し、本規約に記載されているすべての特定事項は、下記の総会においてのみ取り上げられるものとします。投資家の承認された代表者が存在する。意思決定:適用法および第9条に別段の定めがある場合を除き、会社の株主のすべての決定は、定足数の会議または定足数が存在する休会日の株主の過半数によって行われるものとする。・同意権利:執行日から本契約の存続までの間、本契約に含まれるものにかかわらず、本スケジュール(該当する場合)に記載されている特定事項は、当社または当社の株主総会の決議によってのみ決定されるものとする。決議または決定は、指定された事項のいずれに関しても、理事会または当社の株主が合意しない限り、合意されない。このような決議または決定は、取締役会の過半数により承認され、過半数には投資家監督の賛成投票が含まれる。

<<契約条項または条項に違反しない

>> 本契約書のいかなる内容も現在または将来の証券保証義務または法令に関するの