契約またはその後の5年間の受託者の事前の

契約例えば証明書の執行可能性の最大期間を設定する制限条項

・各当事者は、発生した、または本契約に関連して生じたアセットの喪失または使用を含むがこれに限定されない、間接的または間接的な損失に関して、その従業員の取締役および関連会社を相手方に補償し、)XYZが書面による製造業務および管理契約に関して取った保険は、ABCおよびその関連会社の潜在的な損失をカバーするべきであることは当事者の意向である。・本契約は効力発生日から効力を生じるものとし、その後効力発生日から二年間有効となる。・いずれの当事者も、相手方が破産または破産した場合、または債権者の利益のために譲渡した場合、または解散または解約手続の開始または開始をした場合に限り、本契約を終了することができる。強制的な行為どちらの当事者も、神の政府の法律および規則のストライキ戦争の行為によってそのような不履行または遅延が生じた場合、その義務の履行が遅れたり遅れたりすることにより、本契約の下で不履行になることはない。その支配を超えるその他の原因であって、過失または過失がないもの第17条:免責条項:本契約書の条項または規定を他の当事者の履行を主張する当事者の意図の有無にかかわらず、本契約の条項または条項の変更を構成するものではないそのような不履行または選挙は、当事者の権利の放棄を構成するものとみなされ、それ以後、他の者の履行を厳密にその規定に従って厳格に要求するものとする。第18条:仲裁:本契約に関連して生じた相互妥協または和解により解決できない紛争は、最終的には、国際仲裁憲法の規定に従って、当該仲裁廷ルール、仲裁手続は、仲裁人が開催されるものとする。仲裁人は、1996年の仲裁調停法、かかる仲裁により生じた決定および裁定は最終的であり、締約国、管轄裁判所のいずれかの裁判所は、仲裁裁定により判決を下すことができます。また、裁判所は、裁判所が受賞および秩序の裁判を受け入れるようにすることができます。判決または執行のための訴訟が、仲裁裁定の管轄裁判所またはその上でなされた判決の前に提起されたときは、当事者は適用法上許容される限り、異議を申し立てないことを放棄する。

契約またはそれに違反して生じたクレーム論争または紛争の場合そのようなクレーム論争または紛争解決のための以下の手続が適用される

譲渡:本契約は、締約国及びその後継者及び譲受人の利益に拘束され、その譲受人及び譲受人は、いずれの当事者も本契約書の事前の同意なしに本契約の権利又は義務の一部又は全部を譲渡しない大統領。補正書:本契約書の改正または変更は、書面でかつ本契約書の締約国によって署名されていない限り、効力を有さない。第21条:承認:本契約に基づく権利および義務は、必要とされる政府承認、ABCは、必要なすべての政府の承認を得るためにXYZを支援するために最善の努力をしなければならない。第22条:無効:本契約に起因する条件または権利の無効または執行不能性は、その他の条件または権利に一切影響を及ぼしません。第23条:準拠法:本契約は、インド第24条の法律に準拠し、解釈されるものとします。通知:すべての通知要求は、本契約の条項またはこれに関連して行われた要求およびその他の通信は書面で行われ、郵便料金の事前登録郵便(国際電話の場合は航空便)またはファックス(国際的な場合は郵便料金の前払い郵便書留で書面により確認される)、次の住所、または随時、指定当事者がABCに指定する他の住所または場所に送付されなければならない。

 

契約の秘密を忘れてはいけません

電子メール上記の当事者は、これらの贈り物を最初に月と年に実行した。ABCの代理人および代理人のためにXYZを代理して代理人を代理します。会社契約書(書式)の株式の購入本契約は20XXの間:・19XX会社法に基づいて設立され、登録事務所が常駐している会社、以下、総称してONEPARTのベンダと呼ばれ、会社法19XXの下で会社が設立され、(以下「ABC」という)の買付者と称する)は、会社法19XX(当該法律に準拠する)に基づき設立され、その義務の対象となっているリサーチおよび累積償還優先株式人件費を支払った。分割された株式、それぞれRsの%累積償還優先株式に分割されています。

契約書の発行に際して
・当該株式は以下の者によって保有されている。SharesEquityCompanyの名前個人名個人名。・開催された会社の特別総会で得られたベンダーの株主の同意を得て、当該法律の293条(1)(a)及び当該法律のその他の適用可能な規定(売主の取締役会が、購入者又はその指名人への販売に同意した場合には、 ABCの完全かつ完全な制御と管理を購入者に与える。Rsの完全支払済株式、ABCの各スポットは、以下の通りです。ベンダーが保有するABC(当該株式)の完全な株式は、計画された貸借対照表および利益と損失を考慮して購入されることに同意されています。スケジュール(該当する場合)。・上記の貸借対照表および損益計算書および本契約に記録された条件の根拠に基づき、当該株式の総額は、(当該購入価格)をRsperhare3のレートで。・上記の貸借対照表によると、上記のABCの繰越欠損金総額は、ABCの当面の会計監査人によって決定されたものであり、当該株式の価格の減額の合計額以上の超過損失の50%、このような価格の引き下げは、購入者の購入価格に限定されないものとする。

<<契約は保証違反の訴訟の制限期間よりも長い期間についてのものであるため保証期間は期間中その期間中に繰り返されるものとみなされます

>> 契約に基づいてプロモーターおよび企業による投資家への情報および文書の開示が