賠償の原則を見過ごす傾向があります

機密保持義務を伴わないもの受領当事者によって独自に開発されたものまたは

購入者は、販売者の書面による事前の同意なしに、本契約またはその件名に関するプレスリリースまたは公表を発行してはならない。§18:紛争解決、本契約の存続期間中、またはその後、本契約の有効性解釈の終了の履行または正当な違反に関連して当事者間で紛争または相違が生じた場合、または当事者当事者に関する質問に関して、かかる紛争を解決するよう努めなければならない差額、紛争または差異の円滑な解決に同意することができた場合には、締約国は、第18項の仲裁のためのかかる紛争または相違を参照するものとする。友好的に和解しなかった場合(第18条:紛争または差異の提起から30営業日以内に紛争または相違を唯一の仲裁人に委ね、相互の同意を得て任命する。締約国は、唯一の当事者によって提起された紛争の30日以内にそのような唯一の仲裁人の任命についてコンセンサスに達しない場合、各仲裁人はそれぞれ1人の仲裁人を指名する権利を有する。仲裁手続きは、仲裁および調停法Act1996。仲裁手続は英語で行わなければならない。仲裁判断は書面で実証され、仲裁裁判所は仲裁手続の費用を決定する権利も有する。第19条:その他。コンソーシアムの変更条件:購入者がコンソーシアムの場合、締約国は以下のように合意し、引き受ける。コンソーシアムのリードメンバーは、コンソーシアムの利権の少なくとも5%を1年間維持する。決算日、コンソーシアムの他のメンバーは、コンソーシアムへの関心の少なくとも10%を1年の期間にわたって維持する。

契約は有効であり法的拘束力がありその条件に基づいて執行可能であること

・コンソーシアムの構成(新会員の追加を含む)は、締め切り日から1年間変更してはならない。ただし、上記の期間中に51%の持分を保有している主会員の場合、・コンソーシアムのメンバーは、売り手が、各メンバーが本契約の購入者のすべての義務について共同で、かつ個別に責任を負うことに明確に同意することを提出した。上記を確認して、コンソーシアムのすべてのメンバーは、本契約に署名した。費用:本契約およびRFPに明示的に明記されているように保存すると、各当事者は、本契約の交渉準備および実施に関連して当事者が被った法的会計およびその他の費用を負担する。

 

契約のまたは購入者のグループ会社

譲渡:購入者は、本契約書または本契約に基づく権利利益または義務を、本譲渡証を実行する前に、締約国は、いつでも、他の締約国による遵守または履行をこの協定の条項のいずれかを要求することができない場合には、その後のいつでもそのような遵守または履行を要求する最初の締約国の権利に決して影響を及ぼさない。最初に述べた当事者の権利を放棄する金額ではない。改正:この協定は、両締約国が署名した書面でのみ改正することができ、そのような改正は、そのような書面。協議会:本契約は、2つの原本で実施され、それぞれの原本は原本とみなされるが、どちらも原文とみなされるが、いずれも原本とみなされ、本契約は、本契約に言及されているその他の契約および本スケジュール(該当する場合)とともに、本契約により意図された取引に関する締約国の完全な合意を含み、すべての事前の書面および口頭の契約およびそのようなトランザクション。公開草案:締約国は、法律または本トランザクションによって影響を受ける従業員およびその他の第三者への売り手の場合に必要とされる開示を除き、ここで熟慮された取引について慎重に開示することを共同で計画する。・締約国は、そのような追加的行為を時々実施し、適用される政府規則によって要求されるような追加の文書および文書を実行し、提供するか、または締約国が権利利益または救済の維持または保護を確立するか、本契約の意図および目的。・法律で要求される範囲を除いて、購入者および売り手は、いつでも機密情報を開示または公表してはならない。

契約書には記載されていませんが合理的であれば信頼できる
本契約に基づく10件の救済措置:各締約国は、いずれかの当事者に違反した救済措置または権利が、適用法またはその他の方法にかかわらず利用可能なその他の救済手段および救済手段に加えて、注意:ここで特に明記されていない限り、すべての通知は、ここで要求または許可される要求およびその他の通信を要求します。・メッセンジャーの認定を受けた書留郵便、または下記の適切な住所に該当する場合には前払いされた信頼できる速達サービス料、または当事者が書面で5営業日事前通知。・は受取人が受領した日に受領されたものとみなされる(受領日が受領日後の最初の営業日の営業日でない場合)。当該通信を行う者の記録又はその宛先がメッセンジャー又は速達サービスにより送付された場合にその通信の請求又は受理を拒絶した旨の通知。分離性:いかなる管轄においても禁止または執行不能であることが判明した本契約のいずれの条項も、その管轄権に関しては、そのような禁止または執行不能性の範囲において、本契約の残りの部分を無効にしたり、その他の管轄。サバイバル:本契約のそれぞれ第17条および第15条に基づく守秘義務および賠償義務に関する当事者の義務は、本契約の終了または満了後も存続するものとする。準拠法:本契約はインド法に基づく契約であり、すべての目的のためにインドの法律に準拠して解釈され、適用されるものとします。

<<契約書も提供しなければならない

>> 契約の条項に従うものとする