月別アーカイブ: 2017年3月

契約で使用される共通の法的な英語のフレーズでもありリスクが一方の当事者から他方の当事者に移転することを意味します

契約書に記載されている当事者間の理解に影響を及ぼすために

投資監督へのすべての通知はまた、インドの指定住所の1つに送付するものとする。取締役会または委員会の会合は、投資監督を含む取締役の過半数の書面による同意(領収書を受け取り、レター・ファクシミリまたは電子メールで通知することができる)により、短期間で通知することができる。取締役会定足数:取締役会の定足数は、総投資額の3分の1とし、取締役会長および会長または常務取締役を含むものとする(開始時および取締役会期間中)。ただし、定足数がない場合は、次週の同じ日に同じ場所で同じ日に会議を休会し、そのような休会の定足数は3名の取締役でなければならない。理事会のすべての決定には、正会員会の定例会の過半数、または定足数が存在する理事会の休会を必要とする。船上に空席があり、この空室を埋めるために個人が指定された場合、最初の業務はその空室を埋めることである。および会社法19XX(該当する地域の法律として)が理事会の会合で決定する必要がある行為を除き、理事会のすべての決定は、決議、任意の決議の通知期間は、10日間とする。

契約者のために

決議の草案は、投資監督を含むすべての取締役に回付されなければならず、投資監督については、インドの指定住所の1つ、各決議は書面で行われなければならず、過半数を超え、各取締役および各取締役が署名した場合にのみ、決議の場合、理事会の大部分の同意が必要であり、その後インドの理事会の議長の同意が必要でないことが明らかになっている。委員会委員会:両当事者は、会社が非法定特別委員会を構成するとき、または特定の事項のすべてまたは任意のものを扱う委員会を構成する場合、その旨を代表者1人を指名する権利を有する委員会。投資家の権利:投資監督は、取締役会または会社の取締役会のすべての審議会および/または主要戦略会議に出席する権利を有する。一般会合:会社の株主の年次総会は、各会計年度の終了後6ヶ月以内に開催される。前項の規定に従い、両当事国は、適切であるとみなされるときはいつでも、会社の株主の臨時総会を招集することができる。総会に関する通知:少なくとも、株主名簿に記載されているすべての株主には、毎年開催される株主総会の21日前の書面による通知が、株主総会に提出されるものとする。

 

裁判所が合意または暗示する必要のある閾値条件です

投資家の場合は、通知書の写しを投資家が指定したインドの住所、株主の黙示は、投資家の書面による事前承諾を得て呼び出すことができる。通知の内容:株主への通知は、会議の開催日時を指定するものとする。株主総会を招集するすべての通知は、取引を行う事業の詳細を十分かつ詳細に記載しなければならない。また、会議を開催する旨の通知がない限り、そのような会合において取引を行うことはできない。総会の議長:理事会の議長は、すべての総会の議長となる。代理人:会社の株主は、その代理人として代理権を与えることが書面でなければならない場合には、別の者を代理人として任命することができます(企業株主の場合は、代理人の代理人)。

契約を終了させ
総会定足数:総会の定足数は、会社法の規定に基づいて構成されるものとします。但し、本規約に記載されているすべての特定事項は、下記の総会においてのみ取り上げられるものとします。投資家の承認された代表者が存在する。意思決定:適用法および第9条に別段の定めがある場合を除き、会社の株主のすべての決定は、定足数の会議または定足数が存在する休会日の株主の過半数によって行われるものとする。・同意権利:執行日から本契約の存続までの間、本契約に含まれるものにかかわらず、本スケジュール(該当する場合)に記載されている特定事項は、当社または当社の株主総会の決議によってのみ決定されるものとする。決議または決定は、指定された事項のいずれに関しても、理事会または当社の株主が合意しない限り、合意されない。このような決議または決定は、取締役会の過半数により承認され、過半数には投資家監督の賛成投票が含まれる。

<<契約条項または条項に違反しない

>> 本契約書のいかなる内容も現在または将来の証券保証義務または法令に関するの

賠償請求ではないことを示唆しています

賠償条項は大まかに作成されましたが下請け業者の過失に対して下請け業者を補償するよう頭部請負業者に要求するにはまだ十分でした

管轄:本契約は、裁判所の専属管轄権を有するものとします。契約の期間:本契約は締結まで有効であり、契約締結日から12月以内でなければならない。本契約は、最初に書かれた年月日に実行されたものとみなされます。企業法(該当する地方法)およびその事業部門のそれぞれの株主、本制度の制度は、登録部門を有する事業部の移転および合併のために提示される。XX会社法(該当する地方法)の関連条項に従って、登録官庁を有する継続的な懸念事項として、第1条:定義 このスキームでは、主題または文脈と矛盾しない限り、以下の表現は以下の意味を有するものとする。この法律は、会社法19XX(該当する地域の法律)またはその法的な変更または再制定を意味します。

契約に記載されているすべての

事業は、事業の機械部門が短期的なものであることに関わるプラント機械および設備を含む可動または不動のすべての資産がスケジュール(該当する場合)に記載されていることを意味し、その短期的な事項に関するすべての負債および引当金は許可されているすべての許可および制限事項(すべての種類の自然権および機密に関するライセンス)約束。・指定日からの効力をもって、約束は、Secに含まれる規定394号およびその他の適用可能な法律の規定は、ABCに譲渡され、確定したすべての偶発事象または事由なしに、ABCに移管され、譲渡され、金融機関および/またはDEFの担保付債権者は、当該料金が当該事業の債務および引当金に関連しているかまたは付随している場合に限り、附属明細書(該当する場合)に明記されている履行短期債務に関連するDEFの資産は、固定資産については帳簿価額で、その他の資産については帳簿価額で、任命日付日。・これにより、DEFの事業および資産の残りの部分は引き続きDEFに権利が与えられることが明確になっている。・すべての債務は、DEFの会計帳簿に記載されているか否かにかかわらず、任命された日の任命に関するDEFの任務および義務を規定していること、および任命後に発生する可能性のある約束日付であるが、任命日前の期間に関連するものは、ABCの負債規定の義務および義務である。本明細書のスケジュール(該当する場合)に明記されている短期的履行義務に関するDEFの負債および引当金は、)DEFの残りの負債および引当金は引き続きDEFの負債および引当金であり続けることが明確になっている。第4条に含まれる条項の一般性を害することなく。

 

契約書では以下の用語には示された意味があります

・が効力を発するようになった場合には、ABCは、企業登録簿、作成されたまたは作成される料金および住宅ローンに関する州(州)。第5条:契約債券およびその他の機器、スキームの他の規定に従うことを条件として、すべての契約は、DEFが存続する当事者であるか、または効力発生日前またはその後に効力を有するソフトウェア事業に関する、 ABCに対するすべての重要な時を迎えていたかのようにABCに拘束力を持ち、かつABCに対して拘束力を持ち、強制力を有するものとする。第6条:法的手続:DEFによるまたはこれに反対する約定(以下、議事録と称する)に関するすべての訴訟の控訴またはその他の手続が、任命日以降に係属している場合は、それらの権利を放棄したり、いかなる方法でも予期せず約束または本制度に含まれている何らかのものの移転のために行われたが、訴訟手続は、ABCの反対または同様の方法で、執行され続けるか、スキームが作成されていないかのように。効力発生日直前の事業に従事しているDEFのすべての常勤従業員およびABCの従業員になることを希望する者は、aBCの永久従業員となる。・その業務は、当該約束の移転のために継続的かつ中断されていないものとみなす。そのような譲渡の後従業員に適用される雇用条件は、当該譲渡直前に適用される雇用者よりも好ましくない。・プロビデンス・ファンド・グラティー・ファシリティ・スワン・ファンドまたはそのような常勤従業員のその他の特別基金に関連する口座が決定され、ABCの各ファンドの受託者に移転される。

契約の合法性の有効性または執行可能性に影響を及ぼすと主張する
このようなDEFの常勤職員のサービスは、前述のFundsARTICLE 8の目的のために継続的かつ中断されていないものとして扱われることが明らかにされている。有効期限までの猶予に基づく事業の行為、指定日の効力と効力発生日を含むまでには、)は、ABCに関連してABCの財産および資産を保有している事業体および事業の事業および活動を継続するとみなされ、ABCに関連して発生したDEFまたは損失に起因するすべての利益事業は、すべての目的のために、場合によってはABCの利益または損失として扱われるものとする。・合理的な誠意を持って事業承継業務を遂行し、ABCの事前の書面による同意なく、通常の業務を除き、事業またはその一部に関する資産を処理または処分することはできない、・事業の通常の過程を除き、事業に従事しているまたはその事業に関連する常勤従業員の任期および条件を変更しないこと、・ABCの書面による事前の同意がない限り、新たな事業または既存の事業の実質的な拡大は行わない。

<<契約の署名の前に彼の義務の履行のための保証として有効でありジョイントベンチャー

>> 賠償請求訴訟およびこれに関連する損害