月別アーカイブ: 2017年7月

権利として知られています関連語

契約の中には特定の状況で

・ABC COMPANY LIMITED(当社)19XX会社法(準拠法として)に登録され、登録されている会社の住所。会社の会長(プロモーター。アドレスXYZは以下個別に投資家と呼ばれ、総称して投資家Bは以下総称してプロモーター、プロモーターおよびリストに記載されている人物を以下総称してプロモーターグループといいます。・当社は、)プロモーターグループは、法律上有益な所有者です。・会社およびプロモーターの要請により、投資家は(それ自身および/またはその候補者を通じて)ルピーまでの総額を投資することを望んでいる。当社の発行済株式資本の100%を構成する完全払込済株式(事業)活動(株式数)。プロモータおよびルピーによる既存株式の購入による優待発行および会社による新投資口への割当。

機密に関するライセンス約束

・当社への投資家投資に続いて、投資家は本契約に定める当社の経営および事務に関して一定の権利を有し、投資家と主催者との間の関係は、この契約、したがって、ここに記載された誓約および表明を考慮し、その他の有益な考慮のために、法的拘束力を有する当事者は次のように同意するものとします。第1条:定義、この法律は、会社法19XX(該当する地域の法律)またはその法的な変更または再制定を意味します。合意とは、XYZプライベートエクイティ(投資家)とABCカンパニーリミテッド投資家)、(月)20。ABCはABCカンパニーリミテッド、XX会社法(準拠法)に基づいて設立され、5有効日は、制度の制裁と承認が得られた日の最後の日を意味する。このスキームは、この投資スキーム、XYZプライベートエクイティ(XYZ Private Equity)とは、会社法国名)に登録され、第2条:株式の譲渡および譲渡:・発行済株式の発行および募集:本契約の条件に従うことを条件として、当社は、本契約に含まれるいくつかの保証および約束に基づく閉鎖および投資家からの30日以内に投資家に発行し、すべてのライアンから免除された発行済株式を取得し、発行された株式に帰属するすべての権利と便益、および発行された株式に関して宣言されたすべての配当を締結する。

 

契約書に存在する可能性があります

・サブスクリプション価格:発行済株式の取得のために投資家が支払う総額は、インドルーエスプションプライスとする。これは、XYZがそれぞれ以下のように支払う(INR)(サブスクリプション価格)。XYZ株式のすべてについて、インドルピーの価格(INRper持分シェア、および。インドルピーに集計される金額、インドルピーに集約する金額は、固定金額で確定し、すべての持分株式の当事者間でインドルピーの価格で相互に書面で合意しない限り、エスカレーションの対象とならないものとする。・本株式移転株式の売買:本契約の条件に従う。法的および受益者としてのプロモータは、本契約に含まれるいくつかの保証および約束を、移転株式および投資家に売却するものとする。リエンスおよび移転株式に付随するすべての権利と便益を有し、移転株式に関するすべての配当は、閉鎖前後の効力で宣言される。会社は、移転株式の譲渡から30日以内に、対応する株券を投資家に移転し、利用可能にする(INR)(株式移転価格)。・株式移転価格:移転株式取得のために投資家が支払う総額は、XYZ移転株式のすべてについて、インドルピー2の価格でインドルピー移転価格をそれぞれXYZが支払うものとする。

書面での変更の条件に同意することができる
株式移転価格は固定されたものであり、投資家移転株式の全部についてINR(INR)をインドルピー2の価格で両当事者間で書面により相互に合意しない限り、エスカレーションの対象とならないものとする。・投資金額:発行済株式及び譲渡株式(投資金額)を取得するために投資家が支払う総額は、募集価格及び譲渡価額。・支払いメカニズム:本契約に基づいて行われるすべての支払いは、インドルピーで支払われるものとし、インドの免許を有する銀行で作成された支払注文または銀行手形または資金の電信送金により投資家に通知する。・投資金額の使用:会社およびプロモーターは、本契約のスケジュール(該当する場合)に記載されている利率の使用またはそれ以外の方法で投資金額を使用し、 Investor2によって書面で事前に承認された。・移転/譲渡の失敗の結果:投資家が会社またはプロモーターへの投資額を支払った場合、投資家が本契約に基づく義務および義務を遵守しているにもかかわらず、投資家に移転または配当しない場合法律または本契約に基づくその他の権利および救済手段を侵害する者は、会社およびプロモーターに投資金額の払い戻しを要求する義務があり、さらに、会社およびプロモーターは、共同で、また個別に投資家に対して15パーセント年率1%5%。・株式活動:投資家株式は、議決権の配当および権利発行を含むがこれに限定されないすべての株式活動に関して、会社の既存の発行済株式と一致するものとする。・会社およびプロモーターの保証:会社およびプロモーターは、共同で、および個別に、本保証契約を投資家にスケジュール(該当する場合)に提出する。

<<契約のデフォルト条項は当事者が変更するか変更する関連する言葉

>> 不履行または満期になると債務を履行することができない任意破産申立てまたは再編成を求める破産手続の整理または再編成に関する議会の行為に基づいてそれに対して提起された

契約の履行を外国の監督者に届けなければならない

契約に基づいて行われるものとする

かかる決議は、投資監督または、自己または代理人を通じて投資監督を経て行動する投資家は、会社の総会でその決議を支持する投票を行う。・議決権及びその他の権利の行使、主催者および投資家は、会社の株主総会で代理人および代理人を常時開催し、取締役会でその任命/指名された取締役(または代理取締役)を通じて、この協定の精神的意図と具体的規定を遵守し、完全かつ効果的に実施するような方法で。本契約の条件に違反する決議が株主総会または理事会またはその委員会のいずれかの会合で合格した場合、かかる決議は無効となる。・紛争および必要な措置の回避:?プロモーターおよび投資家は、すべての株式を票決し、(ⅰ)会社設立覚書覚書および附属書の作成を促進し、本契約の条項といつでも矛盾する場合、および(ii)本契約に基づく当社の義務の遵守を保証する場合・アマルガメーションの機会の支援:プロモータおよび企業は、最高の努力を払うことを約束し、合併買収および/または合併のための合併買収および/または合併のために、取締役会が提案する可能性のある機会を不当に差し控え、関連する行、取締役会によって提案されたそのような取引は、別の事業体の現金在庫またはその両方の組み合わせを考慮することができる。

締結する法的行政または仲裁手続は一切ありません預託口座の一部としての義務を履行することが不可能である場合

・管理および統制:当社の業務の全体的な管理および統制は、引き続き、当社の会長および常務取締役は引き続き主催者またはその候補者であり、主催者は引き続き当社の主要管理職を任命する権利を有するものとする。第10条:株式の譲渡、(1)本契約に基づいて必要とされる場合、または(b)投資家の事前の書面による場合を除き、本契約の継続中に、プロモータ・グループ・プロモータ・グループの譲渡に関する制限は許されず、また以下の行為に同意してはならない。同意が投資家によって不合理に控えられることはない。投資家の株式取得費用よりも低い価格で会社株式の譲渡または交換。本第10条に違反する株式の譲渡または交換。ライアン社の通常の業務とは別の株式、これには、(a)既存の(銀行名)インドの銀行、(b)提案された事業再編に関連して貸し手に約束されることが必要とされることがあると提唱されたプロモータグループのINRシェアの総価値を有する追加株式。・投資家の移転に関する制限:投資家は許されないものとし、以下のいずれかを行うことに同意してはならない。

 

権利または義務を変更または修正することを妨げるものではありません

公開買付けの前または後に当社の直接投資家に当社の投資家株式を譲渡すること。但し、株式公開買付け後、投資家は証券取引所のランダム注文マッチングシステムを通じて投資家株式を購入者に売却することができる当社の株式が上場されている。株式公開買付け後、(i)株式が上場されている証券取引所のランダム注文マッチングシステム以外の方法で、投資家株式を譲渡しないこと。 (ⅱ)当社の発行済株式総数の5%以上をブロック・ディールで個々の株主に譲渡してはならない。ただし、(i)および(ii)は、インド証券取引所理事会の規則および規則10に定義されているFIIsミューチュアル・ファンド・プライベート・エクイティ・ファンドまたはベンチャー・キャピタル・ファンドへの投資家株式の譲渡には適用されない。・停止(Standstill):本契約が有効である限り、プロモータは、個別にまたは集合的に、プロモータグループとの間で合法的かつ有益に継続して、当社の株式の少なくとも51%を保有することを保証するものとする。・プロモータei10による株式の譲渡、譲渡通知:プロモータグループは、自社株式の一部または全部(募集株式)を譲渡することを提案するプロモータグループは、提案された購入者が提示した価格と条件で、オファーされた株式を買い取る(オファー価格)。

権利救済義務または条件に規定する場合を除き当事者は
投資家のオプション:投資家からのオファーの受領後15日以内投資家は、自らの裁量により行使可能なオプションを以下の通りに有するものとする。提供者は、7日以内に提示された株式を購入することを拒否する。その場合、主催者は、提示された株式を提案された買手に売却または譲渡する。かかるオプションを行使した7日以内にオファー価格でオファーされた株式のすべてを購入する。提案された購入者に対して、その提供者価格と同じ割合で当社株式を比例的に販売する。上記の場合、主催者は、提示された株式を提案された買手に売却または譲渡する。遵守の義務:第10条に基づく募集株式の譲渡、は、遵守義務の購入者による事前執行の対象となる。

<<契約は締約国がお互いに約束しているものであることを明確に示している

>> 契約に基づくあなたの義務および損害