コンテンツへスキップ

薬だけに頼るのではなく

ストレスのビームをまき散
肥満の人の場合、レプチンがたくさん脂肪から分泌されて脳にもう食べるなとやかましく言うんですが、そうしているうちに脳はレプチンの声を聞かなくなってしまいます。だから太った人はレプチンがたくさん出ているのに食べ続けるんです。やはり脳は唯我独尊、わがままなところがあるんです。
摩訶不思議。
のっぺり顔の神経の働きやく神経そのものについても、もう少しお話をお聞きしたいと思います。先生ホルモンは、その役割から00ホルモンという具合に種類が特定できます。一つひとつの構造も違うし、外から別々に注射することもできるんやけど、神経って摩訶不思議なもんですわ。みんな同じ顔をしていて、ぐじゃぐじゃぐじゃぐじゃいっぱいあって、その経路も複雑にこんがらがっています。

乳腺に働いて、おっぱいをよく分泌させるんですね。
こうこつもう一つ、オキシトシンというホルモンがあります。
オキシトシンはお産のときに子宮を収縮させて、出産がうまいこといくように働くホルモンです。
やくそんなホルモンまで。
先生プロラクチンやオキシトシンは、両方とも大きなくくりで言えば、ことに役立つホルモンですね子どもを産んで、うまいこと育てるで、脳の中でもプロラクチンやオキシトシンが分泌されるんです。では脳のオキシトシンやプロラクチンは何をしてるんや、という話になりますよね。
やくそうですね先生実は結婚相手を求めたい、あるいは、子供をちゃんと育てたいという欲求を起こすために使われるんです。オキシトシンは、パートナーを好きになりたいというように仕向ける働きもするんですねつまり、プロラクチンやオキシトシンは子孫を残すという目的のために役立つ、という守備範囲を持ってるわけです。

細胞の複製

ムードN26うまいおかたホルモン出してますか5脳の血管にある窓からホルモンが届くこともからだで分泌されたホルモンが脳に届けられる、ということはないのですか素晴らしい指摘ですねからだのホルモンもそうして脳に直接命令できるんです。
やく先生例として食欲を減らすホルモンの一つ、レプチンの話をしましょう。
やくはい。
先生レプチンは、太ってくると脂肪からたくさん分泌されるホルモンですが、レプチンが血液に乗って脳まで行くと、脳の血管に開いている窓を介して脳に働きかけます。そしてもう食べるなと命令するんです。

医者もいます。


ガン専門症状の改善に向かうべきである。やく脳の血管に開いた窓というのは具体的にはどんなものですか^先生血管は毛細血管のほんま末端というところまで行ったら、内皮っていう一層だけの細胞でできたチューブになります。基本的には血管から漏れ出すものがないように内皮細胞がきちっとひっついて巻かれているわけやけど、穴が開いている場所があるんです。イメージとしてはやくへえ先生脳では、さらに血管のまわりをグリア細胞という細胞でしっかりと固めています。そやから血管の中のものはふつうは絶対に漏れへんのですわ。この構造を脳血液関門といいます。
脳は絶対によそものを自分のワールドに入れたくないのです。電線のまわりにビニールをかっちりと巻いている状態と一緒ですわ。電線の場合は、そのお陰で漏電せえへんわけやけど。
やくイメージがわきます。
先生そのきっちり巻かれている血管に窓が開いている場所があって、その窓から脳にホルモンの情報が伝わるんです。
このようにところどころ脳血液関門がないところがあるのは、唯我独尊をうそぶく脳自身も血液に乗って届けられるいろんな情報を実は知りたいからやと思うんです。寂しがり屋のところもある。で、その情報を少しシールドを弱くした場所で仕入れているということです。ただ脳のいけないところは、あまりからだの方からやかましくホルモンが情報を伝えようとするとその声に対して耳をふさいでしまうことがあるんです。

医師や技師の技術によって結果が大きく左右されます

肥満の人の場合、レプチンがたくさん脂肪から分泌されて脳にもう食べるなとやかましく言うんですが、そうしているうちに脳はレプチンの声を聞かなくなってしまいます。だから太った人はレプチンがたくさん出ているのに食べ続けるんです。やはり脳は唯我独尊、わがままなところがあるんです。
摩訶不思議。
のっぺり顔の神経の働きやく神経そのものについても、もう少しお話をお聞きしたいと思います。先生ホルモンは、その役割から00ホルモンという具合に種類が特定できます。一つひとつの構造も違うし、外から別々に注射することもできるんやけど、神経って摩訶不思議なもんですわ。みんな同じ顔をしていて、ぐじゃぐじゃぐじゃぐじゃいっぱいあって、その経路も複雑にこんがらがっています。

症状がこじ


症状が現れる
やくベタな質問なんですけど、交感神経、副交感神経って聞き及びますが、ちゃんと区別できるんですか。
まさか色分けがされているとも思えませんし。
先生見た目、両方とも真っ白なんですわ。真っ白い神経線維が網目みたいにあって、交感神経いうてもどこかわからへん。そういう世界です。
やく見ただけではわからない。
先生死んだあと脳をある特殊な方法で染めてみれば、これがどんな種類の神経かっていうのはわかりますけどね。しかし最近は、生きたまま、注目している神経だけ光らせてみようとする研究がホットです。
やく交感神経と副交感神経との役割分担はどうなっているんですかっ先生たとえば、レモンを思い浮かべたら唾液が出ますね。これは脳から唾液腺に行っている副交感神経が興奮するからなんです。
やく交感神経が^先生いえいえ副交感神経です。やく初めて聞きます。先生つまり、副交感神経と交感神経はどちらも命令を出せる神経なんですわやくふーむ。
先生たとえば、きれいな人を見たら心臓がドキドキするのは、心臓に行っている交感神経が興奮するからで一方、怒られて、血圧が急に下がったり、すごい徐脈脈が遅くなるになったり、貧血を起こす人がいますが、そういう状態は脳から心臓に行っている副交感神経が興奮するからなんです。

ストレスのビームを出さないようにする

やく役割がある先生そうですね。交感神経は臓器に対して反応を昂進させ、副交感神経は反応を抑制させると言われています。しかし、少し語弊があります。二つの神経の登場の場が違うというのがほんまのところです。
「我々は食べるために生きている」と私はこの本のはじめに言いましたが、闘争心を燃やして獲物を追いかけて捕らえようとするときは交感神経が主に働き、得られた獲物をゆったりした気分でムシャムシャ食べるときは副交感神経が働きます。また、脳からの命令を伝えることには二つの神経がともに関係していますが、心臓から脳にというように、臓器が出す情報が脳に届くルートとなると、ほとんどは副交感神経が担っています。やく「獲物をゆったりした気分でムシャムシャ食べるときは副交感神経が働く」という話ですけど、副交感神経というのは言ってみな、安心したときに働く神経なんですか^先生我々がリラックス状態のときは、副交感神経が優位になる、ということですね。


症状の改善に向かうべきである。 薬を飲むタイミングなど 薬物療法は重要です。