コンテンツへスキップ

細胞のエンジン役にあたるミトコンドリアそのものを元気にする

症状は以前と同じ
人類は兄弟¥ホルモンはみな第111話ホルモンの声を聞く
も大事脂に溶けないホルモンの情報は受信機で受け取るやくホルモンはからだに必要な情報を伝える、とのことですが、にして受け取るのでしょうか^先生まずは細胞を包む細胞膜についての説明をしときます。
ホルモンが届ける情報を細胞ではどのよう細胞を包む細胞膜っていうと、んな構造物がうずめられていて、1枚の平らな膜のように思わはるかもしれへんけど、かなり凸凹してるものなんです。実は、細胞膜にはいろでこぼこそれでホルモンには、脂に溶けやすいものと、種類があることを紹介しました。
脂には溶けず水血液にしか溶けへんもの、という二つの細胞膜は脂でできていますから、脂に溶けへんものは細胞膜を通過できへんわけです。

アミノ酸はタンパクを構成する最小単位やから、細胞がタンパクを作るときの材料になるんです。こんなふうに、たいていのものは再利用されます。が、それでもカスが余るやんか、そのカスどうなるんや?という話になりますけど、それは血液に捨てることになります。たんじゅう一方、コレステロールは、私たちのからだを作る細胞の表面の材料になったりして、なくてはならないもんですけど、細胞はコレステロールを処分しきれないですね。
症状が出るきっかけ

認知症が出てくることもあります。

そやから、コレステロールは血管にたまって動脈硬化を起こすんです。コレステロールからできているホルモンの処分は結構困ります。こちらは胆汁に捨てて腸の中に出しています。ホルモンが証明する、人類はみな兄弟姉妹やくはなはだ失礼な物言いになるのですが、諸先生方はホルモンについては概念として頭で理解しているぐらいのものなんですか先生いえいえ。
やくそんな曖昧なものではない。
先生だって、ホルモンの代表格のインスリンを例にとりますと、インスリンを注射することで血糖値が下がるという目に見える効果がもたらされますからね。つまり外からからだにホルモンを投与すると、ちゃんと効果が出るわけです。
あいまい言ってみれば、ホルモンは薬の効果に似ているんですよ。
たとえば、抗生物質を飲んだらじんましんができるとか、おまけに薬では問題となる副作用がありません。
薬のアレルギーが出るというように、自分のからだにないものをからだに入れると免疫反応としてのアレルギーが起きます。でもホルモンは、もともとからだの中で作られているもんですし、絶対にアレルギーを起こさないんです。ですから、インスリンに代表されるように、ホルモンは治療に安全に簡単に薬の役目を果たすものとして応用できるんです。
やくきわめて確かな……。
先生作用があるからということですねやく自分のではなく他人のインスリンでも大丈夫なんですか^先生どんな人のインスリンもみんな同じです。

健康を害しているのです。


症状から解放されて気が楽になったという

昔、豚からとったインスリンを注射で使っていたときはアレルギー反応が起きて、抗体(自分にない異物を排除しようとする成分)ができてしまって、そのためにだんだん効き目が落ちてくることがありました。今は緒人のインスリンを使いますから、そんなことはない。
やく人類はみんな仲間だよということですか。
先生人として共通のもんをみんな持っているんです。
やく日本人のインスリンもアメリカ人のインスリンも、みんな同じなんでしょうか?
先生どの国の人のインスリンを日本人に注射しても、もちろん効果は同じで、副作用もありません。
やくホルモンが証明しているんですね。人類はみな兄弟姉妹なんだということを。

症状の改善に向かうべきである。

治療をします

人類は兄弟¥ホルモンはみな第111話ホルモンの声を聞く
も大事脂に溶けないホルモンの情報は受信機で受け取るやくホルモンはからだに必要な情報を伝える、とのことですが、にして受け取るのでしょうか^先生まずは細胞を包む細胞膜についての説明をしときます。
ホルモンが届ける情報を細胞ではどのよう細胞を包む細胞膜っていうと、んな構造物がうずめられていて、1枚の平らな膜のように思わはるかもしれへんけど、かなり凸凹してるものなんです。実は、細胞膜にはいろでこぼこそれでホルモンには、脂に溶けやすいものと、種類があることを紹介しました。
脂には溶けず水血液にしか溶けへんもの、という二つの細胞膜は脂でできていますから、脂に溶けへんものは細胞膜を通過できへんわけです。

治療法はあるのです。


医学の恩恵があると思われ前述のよう
そこで脂に溶けへんホルモン用の受信機レセプターが細胞の表面に顔を出してます。ホルモンがやってくると、受信機がキャッチをすることで情報が細胞に伝わるんです。
やく小学校の終わりか中学生になったくらいのときに、細胞がどういう形をしていて、その中の構造物はこうだって、動物と植物の場合はこうだって学びますね先生はい。
やく染色体がいるだの、核があるだの。もちろんこれが細胞膜だ、細胞壁はここだって。でも、その中にあるいわゆるレセプター的なものというのは、当時教わった記憶がないわけですが。
それは器官の名前というよりは、機能と考えてよろしいんですか先生いえいえ。
やく器官ですか先生器官というよりもっと小さいイメージです。受け取る働きをするものが存在している、っていうのが正確かもしれませんやくふーむ。
先生細胞の表面の構造物の一つにレセプターがある、っていうイメージです。

検査を受けるというのがだいぶ浸透してきています。

ストレスに弱いといえます。

やくでは脂に溶けるホルモンの場合は、先生脂に溶けるホルモンは細胞膜を通過することができますので、細胞膜を突き抜けて、細胞の中にある受信機が受け取るんです。
受信機の感度を上げることで情報がきちんと伝わるやくそうすると、細胞にはAというホルモンに対応する、いわばAというホルモンの受信機というものがもともと備わっている、という話ですか^先生A受信機がある細胞にしか、Aというホルモンの情報は伝わらへんのです。
やく役割分担を厳密にしているものなんですね先生たとえば英語がわからへん人は、英語でしゃべってこられたってさっぱりですわ。せやけど英語がわかる人やったら、すぐわかりますよね、相手が何を言ってるのか。ホルモンが何を言っているのかを聞く耳
を持っているかいないかが重要なわけで、そういう、受け手側の能力にあたるのが細胞の受信機なわけです。

免疫のしくみが判断を間違って暴走してしまう

認知症を見分ける天秤法を掲げました。
まさに、リンパ球が侵入者と戦う水際の場所で、によって、我々の細胞の遺伝子がエラーを起こしてしまうんですね。
そこで武器として使われる活性酸素だから、がんの中では消化器のがんが一番多いんですわ。
に子宮がんなどです。
それから、外と触れる場所である肺のがん、それからだの中で一番がんが起こりにくい場所って、どこやと思います^やく一番起こりにくい、先生ヒントを言いますと、外気に一番触れない臓器だから外からの侵入がない。
当たりですわ。脳は圧倒的に守られているんですね。
なるほど、なるほど。
先生やく免疫力が、のちのち仇になることもやく食事だとか運動に気をつけて、健康な生活を送っていれば、らない、と楽観的に生きていて大丈夫なんでしょうか。
先生それは基本的に間違ってはいないと思うんです。
免疫のしくみのお陰でなかなか病気にはなただ私、最近、トレードオフっていう考え方がすごい大事やと思ってるんです。
やくトレードオフ^先生平たく言えば、あちら立てればこちらが立たず。功罪は相半ばということなんです。
やく免疫と関係があるのですか^先生こういうことですわ。

ほなどうして食べるかっていうと、ほかの魚にひっついて体液を吸い出すしかないんです。
えんこうるい顎を持つようになり歯が発達してきたことで、生物は二つ獲得したものがあるんです。やくさん、クイズ番組によう出てはるから、質問形式でいきましょか。この二つ、なんやと思います^やくウウーム先生一つは胃なんです。吸い出すだけやったら胃はいらへんけど、歯で噛んで食べるとなったら胃が必要になります。そのことで、食べ物と一緒に胃や腸に雑菌が入ってきて、そこに住み着くもんも出てきましたれが腸内細菌のルーツですわそんなわけで、からだの中に雑菌がいっぱい入ってくるようになったために、自分のからだを守らなあかん有害なものと戦う優秀な免疫、しっかり食べられるようになって、ということになり、つまり獲得免疫を手に入れたんです。

ストレスを受けると交感

胃や腸ができたもう一つは、ことで、生物は長生きできるようになったんです。
エネルギーをたくさんとることが可能になったからですわ。
すると、生きているうちにまた同じいやなやつやっかいなやつ
そしたら獲得免疫があったほうが断然有利やったんですねに出くわす機会が出てきてしもた活性酸素が免疫力の武器となるやく免疫の働きの武器となるものはなんでしょうか^先生免疫のしくみは複雑なんですけど、直接的にやっつける武器となるのは活性酸素です。活性酸素については別の項で詳しくお話しすることになりますが、その酸素毒で細菌やウイルスやがん細胞をやっつけるわけです。やくさん、からだの中で活性酸素が一番できやすいとこってどこやと思います^やく外から入ってくるものが多い場所でしょうか^先生正解ですわ。

医学界の現状なのです。


免疫抑制が起こります。生活習慣の乱れなど活性酸素を出せという指令を出す免疫を担当する主な細胞はリンパ球ですが、リンパ球の補給路であるリンパ管がどこに発達しているかというと、からだの内と外との境目にあたる場所なんです。リンパ球が一番多いのは、実は腸なんですね。腸って引き伸ばしてみるとテニスコート1面分くらいの広さがありますが、それぐらいの広い面積が外の世界に触れているわけです。
そこで、腸の粘膜の下にはリンパ球がたくさん待機していて、攻撃してやっつけるわけです。
細菌やウイルスなどを見つけると活性酸素でちなみにリンパ球同士もホルモンのような物質を出し合って、お互いに情報交換をして、必要に応じて強力なものに変身をするんです。
やくリンパ球も賢いんだ。
先生からだの外と内を区別している場所を専門的には上皮系っていいますが、実は、がんはそこにできるじょうひものが一番多いんです。

細胞が多く

まさに、リンパ球が侵入者と戦う水際の場所で、によって、我々の細胞の遺伝子がエラーを起こしてしまうんですね。
そこで武器として使われる活性酸素だから、がんの中では消化器のがんが一番多いんですわ。
に子宮がんなどです。
それから、外と触れる場所である肺のがん、それからだの中で一番がんが起こりにくい場所って、どこやと思います^やく一番起こりにくい、先生ヒントを言いますと、外気に一番触れない臓器だから外からの侵入がない。
当たりですわ。脳は圧倒的に守られているんですね。
なるほど、なるほど。
先生やく免疫力が、のちのち仇になることもやく食事だとか運動に気をつけて、健康な生活を送っていれば、らない、と楽観的に生きていて大丈夫なんでしょうか。
先生それは基本的に間違ってはいないと思うんです。
免疫のしくみのお陰でなかなか病気にはなただ私、最近、トレードオフっていう考え方がすごい大事やと思ってるんです。
やくトレードオフ^先生平たく言えば、あちら立てればこちらが立たず。功罪は相半ばということなんです。
やく免疫と関係があるのですか^先生こういうことですわ。

治療する施設


治療ばかりやられていたんです。
感染症を防がなければ即死んでしまうような状況では、まずはなんとしても細菌やウイルスを退治せなあかんわけです。そこで、それらを退治する強固な免疫力を持ってしまったけれど、そのことが逆に仇になって、のちのち病気を引き起こすことになった、というわけです。
あいなかあだたとえば活性酸素は、細菌やウイルスなどの体の表面を穴だらけにしたりして退治する武器となるわけです。が、活性酸素がたくさん出る、あるいは以前にたくさん出たことがあると、正常な細胞のエラーを引き起こす。引き金になることもあるんです。それで細胞が衰えたり、がんになるつまり今、私たちが問題にしているような老化とか、がんの問題は、もともとは人間が外敵に打ち勝って頑張って生きていこうと思って手に入れた、免疫のしくみによってもたらされる、負の側面という捉え方をしてもおかしくないんです。やくそれで、あちら立てればこちらが立たず、というわけなんですね先生そうなんですね。免疫というのは、ものすごく深い問題を抱えているテーマなんです。人間生物はなんで病気になるのかという本質に関わることなんですね。
脳をリラックスさせ、食物繊維をよく食べるやくじゃ具体的に免疫の力を高めるためにはどうすればいいのかということに興味があります。

細胞にはAという

先生一つは、脳がリラックスしている状態は免疫力強化にとって大切です。ストレスで脳が緊張して交感神経が活性化すると活性酸素も多くなります。そうすると活性酸素の功罪の罪の面が出てくるそやから、交感神経の緊張を解く笑いが免疫力を高めると言われるのも一理あるんです。もう一つは、腸内細菌を善玉のものを優位に保つことです。そのためには食物繊維の多いものをよく食べることです。食物繊維の効用というと、便通がよくなること
にいる免疫力を高める善玉菌を増やすエサなんです。と答える人が多いと思いますが、実は、食物繊維は腸管食物繊維を食べることは、通もよくなる。
善玉の腸内細菌をちゃんと育てることにつながるんですわ。
そのご褒美として便食物繊維の話は一例ですけど、免疫にとって食はとても大切なことなんです。

免疫を担うリンパ系は

ヨコ社会
無色透明。


生活習慣の乱れなど 病気が隠れている可能性もあります 病気が隠れている可能性もあります