リーガルチェック」タグアーカイブ

書面で行う場合を除き拘束力がない

契約は両当事者が署名した

・不一致:プロモーターは、覚書および企業定款における投資家の権利および義務に関する曖昧さまたは不一致が生じた場合、適用法に基づく同意書および本契約の覚書を修正することを約束することに同意する本契約に同意する。第9条:コーポレートガバナンス取締役会の構成、本契約の存続期間中常に投資家は、取締役会(投資家ディレクター)に1名の取締役を共同で指名する権利を有し、本契約に明記されている何らかの理由にもかかわらず、取締役を指名する権利は、次の場合に失われるものとします:(a)いつでも、投資家の共同株式保有が当社の発行済株式総額の10%または。・のいずれかの投資家は、当社の事業を行っている直接競争者である企業に投資することを提案し、投資家は、代表取締役を理事会に任命したい。この第9条の規定、本契約の終了後も存続するものとします。投資家の取締役は、取締役会の他の非業務執行取締役、会社法19XX(該当する地方自治体の法令)またはその他の適用法により、取締役会を構成する取締役の数の増減が必要な場合、増減は、投資監督が継続することを確実にする方法で行わなければならない本契約の規定に従って理事会に参加する。

契約または借り手に関連して適切と思われる情報を検索および

ただし、最大限の理事長は、理事会の半数が独立取締役を構成する12人の取締役が、投資家と協議して任命されるものとする。該当する法律の対象となる会社の取締役全員(取締役執行役員を除く)は、定款で定められた会社定款に従い退任する。資格株式:監督は資格を保持する必要はありません。theBoard9の執行委員長となる。空席:取締役の任期が満了する前に退任した場合、または任期満了前に退任した場合は、当初取締役候補者を指名した株主の候補者が空席になる可能性がありますが、指名された者は、欠員がなければ空いている監督は同じままにしていただろう。代理取締役:取締役(原監督)が通常の取締役会の状態から(3)ヶ月以上継続して離れている場合、取締役会は別の取締役(代替取締役監督)の代わりに、そして元監督、取締役会は、元取締役が指名した株主が指名する代替取締役を任命し、この目的のために元取締役が指名するとみなされる。

 

契約の他の当事者の実効性を高めることを検討している場合は彼らが保険を外さなければそれを訴える

そのような代替取締役は、取締役に提供されたすべての資料を受領する資格があり、元取締役の不在の場合には取締役会およびその委員会のすべての会合に出席する資格がある。投資家および取締役は、投資家の取締役が非執行取締役になることに同意する。プロモーターおよび会社は、投資家の取締役が会社の日々の運営を担当することなく、または日々の運営に責任を負わないことを明示的に同意し、引き受けます。この期間は会社法19XX(該当する場合)に定義されているため、地方自治体の法律)に従うものとし、したがって、適用法の規定を遵守する際の会社の不履行または不履行、プロモーターおよび会社は、会社または会社の従業員の使用者が使用する施設の会社または占有者の不履行の場合、投資家の役員として特定されてはならないことに明示的に同意する。プロモーターと会社は、投資家がプロモーターとしても、それと協力して行動する者として解釈されてはならないことに明確に同意する。取締役の選任のための投票:取締役は、投資家が会社の取締役に指名されたすべての者を選任するために、18指名の取消し/休暇:投資家はいつでも、取締役会に対し、オルタナティブディレクターを含む投資監督の指名を辞退する旨の書面による通知を与えることができる。そのような書面による通知は直ちに効力を発する。

締結日以降会社およびプロモーターの閉鎖に至るまでまた投資家は投資家が投資家に資格を有することを許可しなければならない
そのような書面による通知書を受領した場合、プロモーターは、取締役の取締役を取締役会の取締役の撤回に賛成させるように拘束されなければならず、取締役は投資家によって取り下げられる。しかし、投資監督の地位は、株式保有が個々にまたは集合的に第9条に示された限度を下回った場合、直ちに退去する。理事会の議長:理事会は、暦四半期ごとに少なくとも1回会合するものとする。理事会の会合は、通常、ハイデラバード・インドで開催されるものとする。取締役会は、バイト会議またはビデオ会議を開催することもできます。また、ミーティングにおける取締役の存在は、電話会議またはビデオ会議を通じて出席した場合に記録されます。そのような会議またはプレゼンスは、2理事会の総会:理事および理事は、指名された場合は、本条9に定める義務およびその他の要件に従って取締役会を招集する。取締役会の通知:取締役会または委員会の各取締役の各取締役に少なくとも10日前に書面による通知を行う。

<<契約の条項または条項の履行を必要とするいかなる時点での当事者の

>> 不履行の受領当事者は

契約書に基づいて設立され第2部の文脈または意味に嫌われない限り

書面による制裁を受けずに

・ノウハウおよびすべての書類の資料およびその他のデータは、インドのXYZにABCによって手渡され、譲渡されるものとします。・利用可能となったライセンスノウハウの時間的方法と範囲は、互いの利便性と利益を念頭に置いて締約国が相互に議論し合意しなければならない。第3条:知っている人:XYZはここに明示的に同意し、それに開示されているノウハウおよび/またはその他の情報、またはXYZが本契約に基づいてまたは本契約に従ってアクセスすることができるデータを使用するものとします本契約書の目的のみで、第4条:インド以外のトレーニング。・ABCは、ABCのトレーニングセンターのいずれかでそのノウハウを使用して、当該製品の製造において、当事者間で合意されたXYZの適格技術職員の訓練を手配しなければならない。・ABCは、XYZとの協議の後、その資格の技能と経験に基づいて、XYZの技術者と職員を選定する権利を有する。インド以外のXYZ職員および技術者の滞在期間は、ABCが適切と考える期間。・ABCは、インド以外のABCsトレーニングセンターのXYZ要員の訓練に適切な指示を提供し、その費用はABCが負担する。・適切な当局のいずれかが、(国)および1999年の外国為替管理法に基づくインド準備銀行を含むインドでは、ABCは、XYZの有能な技術者がインドのXYZの技術者を支援し、締約国間で書面により時折合意される。

契約は株式ではなく事業の資産のみを売買するための法的

・上記のようにインドに送付されたABCの従業員は、ABCの従業員のままで、ABCが負担し支払うものとします。ただし、旅費とその他の生活費は、人員およびインドへの訪問およびインド滞在中に支払われ、支払われるものとする。XYZ ABCは、そのような人物の国際旅行の全額を負担し、これを支払うものとする。第6条:改良点。・本契約の期間中、その後、ABCは、すべての発明について、時々XYZにノウハウのノウハウおよび改良、および商業的に利用されている可能性のあるその製品のその他の発見および変更を開示し、ABC。・Aは、本契約の目的のためのみに、かつ期間中に改良を使用するために、ロイヤリティフリーの非独占的かつ譲渡不能なライセンスをXYZに割り当てるものとする。・ABCまたはXYZのいずれかの要請があった場合には、両当事者は、特許保護を請求する当事者が負担する費用、または両当事者による保護が要求されている場合均等に分かち合う。第7条:委任:XYZは、関係会社のいずれかの他の法人企業のサービスを使用するために随時資格を有するものとみなされ、またそれらの権利と利益と義務のいずれかを委任するために参加しなければならないおよび/またはABCの承認を条件に、そのような関連会社および/または法人および/またはその者に対する本契約の履行に関連する義務、第8条:考慮事項。

 

契約の各条項に関連する問題について何らかの理解を持つべきである

・ABCからXYZへのノウハウのライセンスと、ABCからXYZ XYZへの技術援助を考慮して、ABCには、以下に詳述するように、3つの均等分割でインド税の総額を支払うものとする。・インド準備銀行または中央政府に提出された協定の3分の。・商業生産の開始後1ヶ月以内に3分の1、またはインド準備銀行に同意書が提出されてから4年後のいずれか早い方。・ABCの特許権、その他の技術情報の権利と使用の付与、インドでの技術援助の改善を考慮して、XYZは、そのすべての当該製品の工場出荷価格が、本契約中にXYZによって商業的に製造、販売、またはリースまたは使用されている場合、ロイヤリティのすべての支払いは、インドの法律、そのようなロイヤルティに対して税金を払う責任は、XYZは、ABCに代わってABCに支払うロイヤルティーについて、そのような税金源を控除することが自由である。XYZがABCを代理して納税する場合XYZはABCに同じ納税証明書を提出しなければならない。指示の基準と仕様:XYZは、ABCが設計処理製造業者の販売と流通に関してABCが定めたすべての指示の標準と仕様に従わなければならず、XY2は、前記製品の物理的または化学的成分または他の特性または特性、第10条:検査:XYZは、ABCが要求する場合には、ABCの正式に認可された代理人が、すべての当該製品の目録製造設備、方法、プロセス、およびその目的のためのXYZの良品を検査し、検査し、 XYZがABCがXYZ eiARTICLE 11から取得した書面による許可を条件に、ここに含まれる条件および条件を遵守しているかどうかを判断する。・XYZは、ノウハウ情報のデータおよび/または技術(ノーハウ以外の情報および公的寄付になった、またはABCに違反して一般に公開されているデータ以外の情報)を常に秘密にしておきます本契約に基づく機密保持義務)を遵守し、ABCから本契約に基づいて取得した。

権利を有するものとするおよびまたはの任意の作業場所
・XYZは、その情報が公表されていない限り、本契約に基づいて受領したノウハウをその事業運営に合理的に必要な範囲を除いて、その関連会社または第三者に漏らしてはならない。第12条:非競争:書面で別途合意されている場合を除き、ABCは本契約の存続期間中にインドの企業に投資することはできません。XYZに類似または関連する分野で活動している企業は1つ以上ありません。そのノウハウの商標またはXYZ以外のインドの当事者に活動を行うことができるか、XYZのものと同盟の分野に属するフランチャイズを付与する。本契約の存続期間中および終了後のいつでも、ABCおよび/またはそのグループ会社および/またはその子会社および/または関連会社は、インドに投資することはなく、 XZARTICLE 13からの書面による同意なしの同意書および事前の同意を得ずにXYZによって運営される。保証:ABCは、本条に基づいて付与されたノウハウが、ABCの世界的な業務で使用されているノウハウと同じであるべきことをXYZに表明し、保証し、国際執筆基準第14号・ABCは、知的財産権の侵害が制限されているとの主張に起因するクレームまたは責任に関して、XYZの従業員および取締役を無防備に擁護しなければならない。著作権特許権産業は、本契約の結果として、または本契約に関連して第三者によってXYZに対して主張される権利を設計する。

<<締結日を購入者とサプライヤーエンジニアは1の実行を監督するための購買担当者の代表者を意味するものとする

>> 契約の商業的条件に精通していますが細かい部分を掘り下げて挑戦することはほとんどありません

契約で使用される共通の法的な英語のフレーズでもありリスクが一方の当事者から他方の当事者に移転することを意味します

契約書に記載されている当事者間の理解に影響を及ぼすために

投資監督へのすべての通知はまた、インドの指定住所の1つに送付するものとする。取締役会または委員会の会合は、投資監督を含む取締役の過半数の書面による同意(領収書を受け取り、レター・ファクシミリまたは電子メールで通知することができる)により、短期間で通知することができる。取締役会定足数:取締役会の定足数は、総投資額の3分の1とし、取締役会長および会長または常務取締役を含むものとする(開始時および取締役会期間中)。ただし、定足数がない場合は、次週の同じ日に同じ場所で同じ日に会議を休会し、そのような休会の定足数は3名の取締役でなければならない。理事会のすべての決定には、正会員会の定例会の過半数、または定足数が存在する理事会の休会を必要とする。船上に空席があり、この空室を埋めるために個人が指定された場合、最初の業務はその空室を埋めることである。および会社法19XX(該当する地域の法律として)が理事会の会合で決定する必要がある行為を除き、理事会のすべての決定は、決議、任意の決議の通知期間は、10日間とする。

契約者のために

決議の草案は、投資監督を含むすべての取締役に回付されなければならず、投資監督については、インドの指定住所の1つ、各決議は書面で行われなければならず、過半数を超え、各取締役および各取締役が署名した場合にのみ、決議の場合、理事会の大部分の同意が必要であり、その後インドの理事会の議長の同意が必要でないことが明らかになっている。委員会委員会:両当事者は、会社が非法定特別委員会を構成するとき、または特定の事項のすべてまたは任意のものを扱う委員会を構成する場合、その旨を代表者1人を指名する権利を有する委員会。投資家の権利:投資監督は、取締役会または会社の取締役会のすべての審議会および/または主要戦略会議に出席する権利を有する。一般会合:会社の株主の年次総会は、各会計年度の終了後6ヶ月以内に開催される。前項の規定に従い、両当事国は、適切であるとみなされるときはいつでも、会社の株主の臨時総会を招集することができる。総会に関する通知:少なくとも、株主名簿に記載されているすべての株主には、毎年開催される株主総会の21日前の書面による通知が、株主総会に提出されるものとする。

 

裁判所が合意または暗示する必要のある閾値条件です

投資家の場合は、通知書の写しを投資家が指定したインドの住所、株主の黙示は、投資家の書面による事前承諾を得て呼び出すことができる。通知の内容:株主への通知は、会議の開催日時を指定するものとする。株主総会を招集するすべての通知は、取引を行う事業の詳細を十分かつ詳細に記載しなければならない。また、会議を開催する旨の通知がない限り、そのような会合において取引を行うことはできない。総会の議長:理事会の議長は、すべての総会の議長となる。代理人:会社の株主は、その代理人として代理権を与えることが書面でなければならない場合には、別の者を代理人として任命することができます(企業株主の場合は、代理人の代理人)。

契約を終了させ
総会定足数:総会の定足数は、会社法の規定に基づいて構成されるものとします。但し、本規約に記載されているすべての特定事項は、下記の総会においてのみ取り上げられるものとします。投資家の承認された代表者が存在する。意思決定:適用法および第9条に別段の定めがある場合を除き、会社の株主のすべての決定は、定足数の会議または定足数が存在する休会日の株主の過半数によって行われるものとする。・同意権利:執行日から本契約の存続までの間、本契約に含まれるものにかかわらず、本スケジュール(該当する場合)に記載されている特定事項は、当社または当社の株主総会の決議によってのみ決定されるものとする。決議または決定は、指定された事項のいずれに関しても、理事会または当社の株主が合意しない限り、合意されない。このような決議または決定は、取締役会の過半数により承認され、過半数には投資家監督の賛成投票が含まれる。

<<契約条項または条項に違反しない

>> 本契約書のいかなる内容も現在または将来の証券保証義務または法令に関するの

賠償請求ではないことを示唆しています

賠償条項は大まかに作成されましたが下請け業者の過失に対して下請け業者を補償するよう頭部請負業者に要求するにはまだ十分でした

管轄:本契約は、裁判所の専属管轄権を有するものとします。契約の期間:本契約は締結まで有効であり、契約締結日から12月以内でなければならない。本契約は、最初に書かれた年月日に実行されたものとみなされます。企業法(該当する地方法)およびその事業部門のそれぞれの株主、本制度の制度は、登録部門を有する事業部の移転および合併のために提示される。XX会社法(該当する地方法)の関連条項に従って、登録官庁を有する継続的な懸念事項として、第1条:定義 このスキームでは、主題または文脈と矛盾しない限り、以下の表現は以下の意味を有するものとする。この法律は、会社法19XX(該当する地域の法律)またはその法的な変更または再制定を意味します。

契約に記載されているすべての

事業は、事業の機械部門が短期的なものであることに関わるプラント機械および設備を含む可動または不動のすべての資産がスケジュール(該当する場合)に記載されていることを意味し、その短期的な事項に関するすべての負債および引当金は許可されているすべての許可および制限事項(すべての種類の自然権および機密に関するライセンス)約束。・指定日からの効力をもって、約束は、Secに含まれる規定394号およびその他の適用可能な法律の規定は、ABCに譲渡され、確定したすべての偶発事象または事由なしに、ABCに移管され、譲渡され、金融機関および/またはDEFの担保付債権者は、当該料金が当該事業の債務および引当金に関連しているかまたは付随している場合に限り、附属明細書(該当する場合)に明記されている履行短期債務に関連するDEFの資産は、固定資産については帳簿価額で、その他の資産については帳簿価額で、任命日付日。・これにより、DEFの事業および資産の残りの部分は引き続きDEFに権利が与えられることが明確になっている。・すべての債務は、DEFの会計帳簿に記載されているか否かにかかわらず、任命された日の任命に関するDEFの任務および義務を規定していること、および任命後に発生する可能性のある約束日付であるが、任命日前の期間に関連するものは、ABCの負債規定の義務および義務である。本明細書のスケジュール(該当する場合)に明記されている短期的履行義務に関するDEFの負債および引当金は、)DEFの残りの負債および引当金は引き続きDEFの負債および引当金であり続けることが明確になっている。第4条に含まれる条項の一般性を害することなく。

 

契約書では以下の用語には示された意味があります

・が効力を発するようになった場合には、ABCは、企業登録簿、作成されたまたは作成される料金および住宅ローンに関する州(州)。第5条:契約債券およびその他の機器、スキームの他の規定に従うことを条件として、すべての契約は、DEFが存続する当事者であるか、または効力発生日前またはその後に効力を有するソフトウェア事業に関する、 ABCに対するすべての重要な時を迎えていたかのようにABCに拘束力を持ち、かつABCに対して拘束力を持ち、強制力を有するものとする。第6条:法的手続:DEFによるまたはこれに反対する約定(以下、議事録と称する)に関するすべての訴訟の控訴またはその他の手続が、任命日以降に係属している場合は、それらの権利を放棄したり、いかなる方法でも予期せず約束または本制度に含まれている何らかのものの移転のために行われたが、訴訟手続は、ABCの反対または同様の方法で、執行され続けるか、スキームが作成されていないかのように。効力発生日直前の事業に従事しているDEFのすべての常勤従業員およびABCの従業員になることを希望する者は、aBCの永久従業員となる。・その業務は、当該約束の移転のために継続的かつ中断されていないものとみなす。そのような譲渡の後従業員に適用される雇用条件は、当該譲渡直前に適用される雇用者よりも好ましくない。・プロビデンス・ファンド・グラティー・ファシリティ・スワン・ファンドまたはそのような常勤従業員のその他の特別基金に関連する口座が決定され、ABCの各ファンドの受託者に移転される。

契約の合法性の有効性または執行可能性に影響を及ぼすと主張する
このようなDEFの常勤職員のサービスは、前述のFundsARTICLE 8の目的のために継続的かつ中断されていないものとして扱われることが明らかにされている。有効期限までの猶予に基づく事業の行為、指定日の効力と効力発生日を含むまでには、)は、ABCに関連してABCの財産および資産を保有している事業体および事業の事業および活動を継続するとみなされ、ABCに関連して発生したDEFまたは損失に起因するすべての利益事業は、すべての目的のために、場合によってはABCの利益または損失として扱われるものとする。・合理的な誠意を持って事業承継業務を遂行し、ABCの事前の書面による同意なく、通常の業務を除き、事業またはその一部に関する資産を処理または処分することはできない、・事業の通常の過程を除き、事業に従事しているまたはその事業に関連する常勤従業員の任期および条件を変更しないこと、・ABCの書面による事前の同意がない限り、新たな事業または既存の事業の実質的な拡大は行わない。

<<契約の署名の前に彼の義務の履行のための保証として有効でありジョイントベンチャー

>> 賠償請求訴訟およびこれに関連する損害

賠償の原則を見過ごす傾向があります

機密保持義務を伴わないもの受領当事者によって独自に開発されたものまたは

購入者は、販売者の書面による事前の同意なしに、本契約またはその件名に関するプレスリリースまたは公表を発行してはならない。§18:紛争解決、本契約の存続期間中、またはその後、本契約の有効性解釈の終了の履行または正当な違反に関連して当事者間で紛争または相違が生じた場合、または当事者当事者に関する質問に関して、かかる紛争を解決するよう努めなければならない差額、紛争または差異の円滑な解決に同意することができた場合には、締約国は、第18項の仲裁のためのかかる紛争または相違を参照するものとする。友好的に和解しなかった場合(第18条:紛争または差異の提起から30営業日以内に紛争または相違を唯一の仲裁人に委ね、相互の同意を得て任命する。締約国は、唯一の当事者によって提起された紛争の30日以内にそのような唯一の仲裁人の任命についてコンセンサスに達しない場合、各仲裁人はそれぞれ1人の仲裁人を指名する権利を有する。仲裁手続きは、仲裁および調停法Act1996。仲裁手続は英語で行わなければならない。仲裁判断は書面で実証され、仲裁裁判所は仲裁手続の費用を決定する権利も有する。第19条:その他。コンソーシアムの変更条件:購入者がコンソーシアムの場合、締約国は以下のように合意し、引き受ける。コンソーシアムのリードメンバーは、コンソーシアムの利権の少なくとも5%を1年間維持する。決算日、コンソーシアムの他のメンバーは、コンソーシアムへの関心の少なくとも10%を1年の期間にわたって維持する。

契約は有効であり法的拘束力がありその条件に基づいて執行可能であること

・コンソーシアムの構成(新会員の追加を含む)は、締め切り日から1年間変更してはならない。ただし、上記の期間中に51%の持分を保有している主会員の場合、・コンソーシアムのメンバーは、売り手が、各メンバーが本契約の購入者のすべての義務について共同で、かつ個別に責任を負うことに明確に同意することを提出した。上記を確認して、コンソーシアムのすべてのメンバーは、本契約に署名した。費用:本契約およびRFPに明示的に明記されているように保存すると、各当事者は、本契約の交渉準備および実施に関連して当事者が被った法的会計およびその他の費用を負担する。

 

契約のまたは購入者のグループ会社

譲渡:購入者は、本契約書または本契約に基づく権利利益または義務を、本譲渡証を実行する前に、締約国は、いつでも、他の締約国による遵守または履行をこの協定の条項のいずれかを要求することができない場合には、その後のいつでもそのような遵守または履行を要求する最初の締約国の権利に決して影響を及ぼさない。最初に述べた当事者の権利を放棄する金額ではない。改正:この協定は、両締約国が署名した書面でのみ改正することができ、そのような改正は、そのような書面。協議会:本契約は、2つの原本で実施され、それぞれの原本は原本とみなされるが、どちらも原文とみなされるが、いずれも原本とみなされ、本契約は、本契約に言及されているその他の契約および本スケジュール(該当する場合)とともに、本契約により意図された取引に関する締約国の完全な合意を含み、すべての事前の書面および口頭の契約およびそのようなトランザクション。公開草案:締約国は、法律または本トランザクションによって影響を受ける従業員およびその他の第三者への売り手の場合に必要とされる開示を除き、ここで熟慮された取引について慎重に開示することを共同で計画する。・締約国は、そのような追加的行為を時々実施し、適用される政府規則によって要求されるような追加の文書および文書を実行し、提供するか、または締約国が権利利益または救済の維持または保護を確立するか、本契約の意図および目的。・法律で要求される範囲を除いて、購入者および売り手は、いつでも機密情報を開示または公表してはならない。

契約書には記載されていませんが合理的であれば信頼できる
本契約に基づく10件の救済措置:各締約国は、いずれかの当事者に違反した救済措置または権利が、適用法またはその他の方法にかかわらず利用可能なその他の救済手段および救済手段に加えて、注意:ここで特に明記されていない限り、すべての通知は、ここで要求または許可される要求およびその他の通信を要求します。・メッセンジャーの認定を受けた書留郵便、または下記の適切な住所に該当する場合には前払いされた信頼できる速達サービス料、または当事者が書面で5営業日事前通知。・は受取人が受領した日に受領されたものとみなされる(受領日が受領日後の最初の営業日の営業日でない場合)。当該通信を行う者の記録又はその宛先がメッセンジャー又は速達サービスにより送付された場合にその通信の請求又は受理を拒絶した旨の通知。分離性:いかなる管轄においても禁止または執行不能であることが判明した本契約のいずれの条項も、その管轄権に関しては、そのような禁止または執行不能性の範囲において、本契約の残りの部分を無効にしたり、その他の管轄。サバイバル:本契約のそれぞれ第17条および第15条に基づく守秘義務および賠償義務に関する当事者の義務は、本契約の終了または満了後も存続するものとする。準拠法:本契約はインド法に基づく契約であり、すべての目的のためにインドの法律に準拠して解釈され、適用されるものとします。

<<契約書も提供しなければならない

>> 契約の条項に従うものとする

契約またはその後の5年間の受託者の事前の

契約例えば証明書の執行可能性の最大期間を設定する制限条項

・各当事者は、発生した、または本契約に関連して生じたアセットの喪失または使用を含むがこれに限定されない、間接的または間接的な損失に関して、その従業員の取締役および関連会社を相手方に補償し、)XYZが書面による製造業務および管理契約に関して取った保険は、ABCおよびその関連会社の潜在的な損失をカバーするべきであることは当事者の意向である。・本契約は効力発生日から効力を生じるものとし、その後効力発生日から二年間有効となる。・いずれの当事者も、相手方が破産または破産した場合、または債権者の利益のために譲渡した場合、または解散または解約手続の開始または開始をした場合に限り、本契約を終了することができる。強制的な行為どちらの当事者も、神の政府の法律および規則のストライキ戦争の行為によってそのような不履行または遅延が生じた場合、その義務の履行が遅れたり遅れたりすることにより、本契約の下で不履行になることはない。その支配を超えるその他の原因であって、過失または過失がないもの第17条:免責条項:本契約書の条項または規定を他の当事者の履行を主張する当事者の意図の有無にかかわらず、本契約の条項または条項の変更を構成するものではないそのような不履行または選挙は、当事者の権利の放棄を構成するものとみなされ、それ以後、他の者の履行を厳密にその規定に従って厳格に要求するものとする。第18条:仲裁:本契約に関連して生じた相互妥協または和解により解決できない紛争は、最終的には、国際仲裁憲法の規定に従って、当該仲裁廷ルール、仲裁手続は、仲裁人が開催されるものとする。仲裁人は、1996年の仲裁調停法、かかる仲裁により生じた決定および裁定は最終的であり、締約国、管轄裁判所のいずれかの裁判所は、仲裁裁定により判決を下すことができます。また、裁判所は、裁判所が受賞および秩序の裁判を受け入れるようにすることができます。判決または執行のための訴訟が、仲裁裁定の管轄裁判所またはその上でなされた判決の前に提起されたときは、当事者は適用法上許容される限り、異議を申し立てないことを放棄する。

契約またはそれに違反して生じたクレーム論争または紛争の場合そのようなクレーム論争または紛争解決のための以下の手続が適用される

譲渡:本契約は、締約国及びその後継者及び譲受人の利益に拘束され、その譲受人及び譲受人は、いずれの当事者も本契約書の事前の同意なしに本契約の権利又は義務の一部又は全部を譲渡しない大統領。補正書:本契約書の改正または変更は、書面でかつ本契約書の締約国によって署名されていない限り、効力を有さない。第21条:承認:本契約に基づく権利および義務は、必要とされる政府承認、ABCは、必要なすべての政府の承認を得るためにXYZを支援するために最善の努力をしなければならない。第22条:無効:本契約に起因する条件または権利の無効または執行不能性は、その他の条件または権利に一切影響を及ぼしません。第23条:準拠法:本契約は、インド第24条の法律に準拠し、解釈されるものとします。通知:すべての通知要求は、本契約の条項またはこれに関連して行われた要求およびその他の通信は書面で行われ、郵便料金の事前登録郵便(国際電話の場合は航空便)またはファックス(国際的な場合は郵便料金の前払い郵便書留で書面により確認される)、次の住所、または随時、指定当事者がABCに指定する他の住所または場所に送付されなければならない。

 

契約の秘密を忘れてはいけません

電子メール上記の当事者は、これらの贈り物を最初に月と年に実行した。ABCの代理人および代理人のためにXYZを代理して代理人を代理します。会社契約書(書式)の株式の購入本契約は20XXの間:・19XX会社法に基づいて設立され、登録事務所が常駐している会社、以下、総称してONEPARTのベンダと呼ばれ、会社法19XXの下で会社が設立され、(以下「ABC」という)の買付者と称する)は、会社法19XX(当該法律に準拠する)に基づき設立され、その義務の対象となっているリサーチおよび累積償還優先株式人件費を支払った。分割された株式、それぞれRsの%累積償還優先株式に分割されています。

契約書の発行に際して
・当該株式は以下の者によって保有されている。SharesEquityCompanyの名前個人名個人名。・開催された会社の特別総会で得られたベンダーの株主の同意を得て、当該法律の293条(1)(a)及び当該法律のその他の適用可能な規定(売主の取締役会が、購入者又はその指名人への販売に同意した場合には、 ABCの完全かつ完全な制御と管理を購入者に与える。Rsの完全支払済株式、ABCの各スポットは、以下の通りです。ベンダーが保有するABC(当該株式)の完全な株式は、計画された貸借対照表および利益と損失を考慮して購入されることに同意されています。スケジュール(該当する場合)。・上記の貸借対照表および損益計算書および本契約に記録された条件の根拠に基づき、当該株式の総額は、(当該購入価格)をRsperhare3のレートで。・上記の貸借対照表によると、上記のABCの繰越欠損金総額は、ABCの当面の会計監査人によって決定されたものであり、当該株式の価格の減額の合計額以上の超過損失の50%、このような価格の引き下げは、購入者の購入価格に限定されないものとする。

<<契約は保証違反の訴訟の制限期間よりも長い期間についてのものであるため保証期間は期間中その期間中に繰り返されるものとみなされます

>> 契約に基づいてプロモーターおよび企業による投資家への情報および文書の開示が

保証人は貸手に責任を負う何らかの理由により中止することがあります

契約の期間は効力発生日から開始され

会社および主催者は、本契約書の条項(該当する場合)が偶然の日付書類に具体的に開示されている場合を除き、投資家に共同して、 (ディスクロージャースケジュール)。開示スケジュールは、スケジュール(該当する場合)に記載された要約された段落に対応するパラグラフで整理され、開示スケジュールのそのような番号付きの区域の開示は、スケジュール(該当する場合)の該当するサブセクションディスクロージャースケジュールの番号が付された区域および開示された区域における範囲の開示は、ディスクロージャースケジュールの別の番号付き区域と区切られた区域で特に相互参照される)。・投資家の表明および保証:投資家は、表明および保証を会社3のスケジュール(該当する場合)に記載する。保証に関する信頼:会社および主催者は、投資家がとりわけ保証に依拠して本契約を締結したことを共同でかつ個別に認めています。本契約書に明示的に明示的に明示的に明記されている場合、保証は別個独立したものとし、本契約の内容を参照することによって制限されるものではなく、本契約に署名する前または後のインベスターは、いずれかの保証が遵守されていないか、そうでなければ真実ではない、または誤解を招く可能性があることを保証するものではありません。別個の保証:各保証は、独立した独立したものであり、他の保証または本契約の内容を参照することによって制限されるものではありません。

書類またはの意図的または意図的でない過失または重大な過失または請求に関連する

法的義務違反または不履行:会社および販売者は、いずれの保証の違反または不履行となるような事柄または状況に関して、行為を行なわない、または許可しない、または行為を省略または許可しないことを、そのような保証は、本契約の日またはatClosing3のいずれかで、不正確または誤解を招く可能性があることを意味します。保証の存続:本契約に含まれている、または本契約に基づいて行われた保証は、本契約および締切の執行および納品後も存続し、監査報告を受領してから6ヶ月間第5項に従って任命された監査役、終了した期間に7。(日付)20XXまたは。保証違反の結果:締め切り前、投資家は、本契約を直ちに終了するために書面で通知する権利がありますが、この権利を行使することができないものとします。いかなる保証の違反に起因する投資家のその他の権利の放棄を構成し、投資家のその他の権利および救済措置を排除しないものとします。会社投資家に重大な悪影響を及ぼすまたは影響を及ぼす可能性のある事象(保証の違反を構成する事象または発生しない事象を除く)が発生した場合は、書面で通知して、本契約を終了する。第4条:閉鎖前の行為:本契約締結日から閉鎖推進者および会社までの間(本契約書で明示的に検討されている場合または投資家による書面による同意がある場合を除く)、会社は、会社は、(a)通常の事業過程において、これまでと同じように実質的に事業を継続すること。 (b)期限が到来したときに、その債務と税金を支払う。 (c)支払期日に他の債務を支払う、または実行する。 (d)現在の事業組織を損なわずに維持するためのすべての妥当な努力を払い、現在の役員および従業員のサービスを利用可能にし、サプライヤー顧客との関係を維持する。

 

契約の利益を得るために

プロモータおよび会社は、通常の事業過程にない事象または出来事、および合理的にマテリアル・ダメージを受けると予想される事象を投資家に速やかに通知することに同意する。第5条:条件前条件と条件。本契約の第2条に基づく投資家の義務は、本契約のスケジュール(該当する場合)に記載されている条件の締結前または締結前に履行されるものとする。終了時の会社および証券発行者の義務:本契約の第2条に基づく投資家に対する会社およびプロモーターの義務は、スケジュールに定められた各条件の終了時または終了前に履行されることを条件とする。・閉鎖後の条件、業務譲渡:会社閉鎖から6ヵ月以内に、会社は以下の譲渡を確実にしなければならない。(a)鉄鋼および鋳造部門。 (b)進歩、および(c)プロモーターまたはその候補者への投資。パワーユニットの移転:当社を閉鎖してから6ヶ月以内に、当社はTransmission Corporationからの承認を取得することを保証する。2003年電力法に基づく適切な権限からの承認(各州)の承認、および当該電源ユニットをプロモーターまたはその候補者に移管するために必要とされるその他の規制上の承認。

契約が保証または補償の
BOT(Build Operate Transfer)プロジェクト:クローズから12ヶ月以内、または投資家の承認を受けたその他の長期期間内に、会社は、全体として機能するために、完全所有子会社を設立することを約束する当社を統制し、1つまたは複数の特別目的車両を通じてすべてのBOTプロジェクトを実施する。会社は、必要な承認を得た後、既存のBOTプロジェクトを完全所有子会社に移転するように努めるものとする。会社および主催者は、企業が一般的な市場基準に従って作業環境に対して合理的かつ合理的な方針を有することを保証する。会社は、雇用に関連する適用法令を遵守することを、26雇用契約:会社およびプロモーターは、投資家が特定した主要管理職と適切な雇用契約を締結することを保証するものとする。アポイントメント、閉会の6ヶ月以内に、当社は以下を任命するものとする。投資家および当社が相互に受け入れ可能な評判の監査役、しかし、当社は、3月31日に終了した会計年度の財務諸表の監査のために相互に受入れ可能な監査役を任命するために最善の努力を払うものとする。会社の法令およびその他すべてのコンプライアンスを担当する会社秘書兼コンプライアンスオフィサー、すべての人事部門で当社を支援する専門人事担当者。

<<契約またはディストリビューターシップ

>> 契約の対象とする探査の目的で両当事国間の合意を検討するためにのみ